鎌倉への引っ越しで感じたこと

前回から時間が経ってしまいました。前回のレター後すぐに、身の回りに色々と変化が起きたことで、なかなか身辺が落ち着かないまま時間が経ってしまいました。
「コモングッド」というこのニュースレターのテーマとも関連させつつ、私個人のお話も今回させていただければと思います。
江口晋太朗 2022.05.02
誰でも

鎌倉へ引っ越し、子どもも幼稚園へ

2021年の年末、7年ほど住んでいた東京・清澄白河から鎌倉に引っ越しました。気がついたら、東京にきて十数年、始めは中目黒や目黒あたり、後半は清澄白河、そこから一気に鎌倉に居を移した形になります。

仕事柄、コロナ前は全国各地へ出張する機会が多かったけれども、コロナでめっきり在宅ワークに。そうすると、家の中を充実させたり家の周りも含めた居心地を良くしたいと思うように。また、毎日子どもと一緒に遊んだり出かけたりすることも多くなります。コロナ禍の社会情勢とはいえ、子どもにはできるだけ不自由ない生活や経験をさせたいと思うなか、ふと、自然のあるところに居を移すのもありなのでは、と考えました。

とはいえ、私も妻も都内への打ち合わせや出金もあるなかで、週に何度か都心に通える場所を探していたところ、たまたまのご縁で、逗子でゲストハウスを運営している知人がいたり、逗子や鎌倉近辺に知り合いがいたりするので何気なしに遊びに行ったことがきっかけでした。

色々と巡り、良さげだなと思い、不動産会社に不動産の問い合わせをいくつかしてみることに。平行して保育園を調べてみるも、逗子や鎌倉近辺の保育園は定員待ち状態(いわゆる待機児童)で、入るのに場合によっては1年かかるという話もあり、「これは、難しいな」と諦めかけていました。

それとは別に、妻が幼稚園育ちで子どもを幼稚園に入れたいという思いが以前からありました。しかし、一般的に幼稚園は14時や遅くても15時には終わります。在宅で仕事ができる状況とはいえ、お昼過ぎに帰宅されてもなかなか難しいし、幼稚園後に仮に習い事をさせるにせよ、費用面や習い事の送迎などが追加で発生することを考えると、現実的でもありません。清澄白河に住んでいたころは、近くに遅くまで通わせられる園がなかったため、当初通わせていた保育園に6歳まで預ける、という前提で考えていたところでした。

しかし、色々と調べてみると逗子や鎌倉近辺の幼稚園には、14時以降に課外学習や預かり保育で、最大で18時まで子どもを預かってくれるところがあることが分かりました。3歳以降は幼児教育・保育の無償化に伴い、幼稚園の基本の時間(朝から14時までの授業料)はほぼ無償、14時以降の課外学習や預かり保育は別途費用がかかるも、毎日最大で利用したとしてもそれまで保育園の基本時間でかかっていたお金とそこまで変わらない金額でおさまりそう。幼稚園に通わせてもどうにか共働きできることも可能な状況がつくれると分かり、すぐさま17時や18時まで通わせられる幼稚園のリストを作り、それぞれの園の願書取得のために園に通い(往々にして、園説明会時に願書をもらうことが多い)、最終的に入園する幼稚園を決め、入園の面談を経て入園合格となり、入園する運びとなりました。

と、ここまで書いた内容が、実は10月からの約1ヶ月の間で起こった出来事なのです。最初に逗子・鎌倉に行ったのが10月の上旬、幼稚園説明会が10月の2週目、入園の面談が11月1日。平行して、不動産も1度内見しに行き、入園の合否が決まり、最終的に入居する不動産の契約が11月の中旬、引っ越しが12月のクリスマス前ということで、怒涛のタイミングで色々と決まった形でした。

もちろん、色んな判断も家族内で協議して決めているので、夫婦や家族における家族会議や意志決定のあり方も、昨日今日ではなく日々のコミュニケーションを踏まえながら、互いに納得した形で着地しています。私たちも、結果として、引っ越して良かったな、と今思えば感じるところです。

お庭もあり、自宅に差し込む太陽が気持ち良い
お庭もあり、自宅に差し込む太陽が気持ち良い

「教育移住」という選択肢

自分達の住む環境として、ずっと都心であり続ける必要性がどこまであるのか、ということと、子どもの生活環境などを考えた結果の引っ越しとなりました。子どもの教育環境を求めて居を移す人は多くいます。「教育移住」と呼ばれる言葉もここ数年、目にするようになってきました。

一般的には、子育て環境や英語教育などが充実した海外へ、家族揃って移住することを「教育移住」と呼ぶことが多かったです。しかし、近年はコロナ禍もあり、海外移住ではなく、都心から地方へ、国内における教育移住への関心も高まってきました。私の周囲でも、「風越学園」へのお子さんの入学を機に軽井沢へ移住した人も多いです。もちろん、普段は軽井沢にいて、週1か月に何度か都心に通うということをしているようです。テレワークの浸透や交通網が発達したからこそできる選択です。

逆に教育環境が整わないことで、人口減少に拍車がかかり人口流出になるケースもあります。拙著実践から学ぶ地方創生と地域金融でも、鹿児島県の長島町では高校が閉鎖されたことで若者が島から流出するだけでなく、その親も含めて地域から流出することへの危機感から、打ち手として「ぶり奨学プログラム」が生まれたという事例を紹介しています。ここで重要なのは、幼稚園や小中学校のような義務教育、もしくは高校までの教育機関の有無、さらには、より良い教育環境の有無によって、世帯がまるごと流出入する要因になりえるということであり、移住定住のきっかけにおいて「教育環境」は大きな要因になるということです。

教育環境の充実がもたらす公共投資

私自身、子どもができたことで、それまでの範囲になかったことを調べるようになり、行動範囲や日々の生活習慣も大きく変わりました。そのなかで、子どもにまつわるさまざまなことも調べるようになりました。それまでほとんど接したことがない分野なだけに、日々学ぶことは多いです。そして、やはり子どもの特に幼少期における教育環境の重要性を強く認識するようになりました。だからといって、お受験や進学校に入れることだけがすべてでもありません。様々な探究心を育ませる環境の大切さは、多くの人も理解していることでしょう。

この2月から各地で上映されている、映画『夢みる小学校』で紹介されている「きのくに子どもの村学園」という小中学校があります。フリースクールのモデルになったと言われているサマーヒル・スクールを研究されていた堀さんという方が立ち上げた探究型の学校です。子どもが生まれたタイミングの頃、知人が子どもをきのくに子どもの村学園に通わせるということで、この学校のことを知りました。和歌山や福井、北九州や長崎、山梨の南アルプス市などに学校があり、この学校に通わせるために学校近くに引っ越す人もでてくるほどだと、聞いています。

また、個々人の家庭状況によって、個人や家庭における判断軸や優先順位も大きく変わるでしょう。ざっくりと、家庭形態で見た場合にも以下のようなパターンがありえます。

  • シングルの人

  • 子なし夫婦、夫婦の内、片方は専業主婦(夫)

  • 子なし共働き夫婦(DINKs)

  • 子どもあり夫婦(片方は専業主婦(夫))

  • 子どもあり夫婦(共働き)

シングル、もしくは子なしの夫婦であれば、ある程度、個人の自由な時間や自己実現を発揮できる場所への移住という選択肢もあることでしょう。子どもがいる夫婦と子なし夫婦では、やはり優先順位に大きく変化があることは間違いありません。

これに、さらにはLGBTQにおける同性パートナー・夫婦なども今後増えてきます。海外では同性婚が認められている地域もでてきており、同性婚をしたいカップルがそろって移住するという事実もあります。日本国内ではまだ同性婚は認められていませんが、同性パートナーの認証制度は広がってきました。今後、同性パートナーの認定を受けたカップルが、国内移住を検討する場合、同性パートナーの認証制度がない地域へは移住の選択肢にあがらない、ということも出てくることでしょう。もちろん、国内における同性婚や性的マイノリティへの状況が変わらなければ、海外への移住も選択肢に残り続けます。

可能な職業においては、テレワークは今後も基本となるでしょう。ノマドワークや二拠点生活や他拠点生活も、ますます現実味のある選択肢となっています。こうした社会状況だからこそ、どこに暮らすかということが際立つ時代ともいえます。そこにおいて、教育環境の充実や、子どもを行かせたいと思う学校がその地域にあることのインパクトは多いことでしょう。

単純な移住政策としての教育のみならず、教育環境の充実は、社会的投資としても実は地域に効果的であることも指摘されています。幼少期の生活改善や教育の充実によって、将来的な医療や生活保護を受ける人を少なくし、当該地域で起業したり、専門性の高い教育を受けたことによって、地元産業や地元企業の雇用率向上や、産業基盤の底上げに影響したりするなど、行政にとっても様々なメリットを見出すことができます。つまり、教育政策は事前分配的な機能を持った公共投資でもあるのです。

人口減少によって、ますます子どもが少なくなる時代、公共投資としていかに子育てしやすい環境や、子どもを産みやすくする環境(企業における育休制度の充実、ひいてはジェンダーイクオリティ、保育園の設置、保育士の育成などの環境整備、子育て世代に対する様々な助成制度など)を作るか、国レベルでの投資だけでなく、自治体における充実が、ますます重要視される時代がくることは間違いありません。

***

ということで、私自身が都心から、期せずして移住(?)しました。鎌倉に引っ越ししたことで、生活環境や生活習慣も大きく変わり、私自身の思考にも大きな影響を及ぼしたことは間違いありません。

今後、ニュースレターでも、そうした日々の生活のなかで感じたこと、考えたことをシェアしていければと思います。

今日のところは、ここまでにして、また続きは次回にお送りしたいと思います。

「コモングッドをもとめて」をメールで読みませんか?

無料で「コモングッドをもとめて」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。
足元にある自治と向き合う
誰でも
久しぶりのニュースレター配信、近況報告など
誰でも
都市で農を通じたつながりや共生社会を築く
読者限定
いかにゴミ問題を「自分たち」ごととするか
読者限定
「共同売店」という古くて新しい相互扶助の仕組みとは
読者限定
孤立と向き合う「ケアするまち」のデザインとは?
読者限定
地域文化拠点としての「銭湯」の可能性、そして再生へ
誰でも
ステイクホルダーが価値を見出す「地域通貨」の設計方法とは
読者限定