地域文化拠点としての「銭湯」の可能性、そして再生へ

公衆浴場としての銭湯の歴史を踏まえ、現代においては社交の場や地域コミュニティの場としての機能も期待される、銭湯の可能性や銭湯再生に向けた団体を設立しました。
江口晋太朗
2021.03.29
誰でも

各地を訪れる際に、可能ならできるだけ立ち寄りたい場所があります。

一つは「本屋」です。特に、大型書店ではなく地域の書店、地場ならではの小さな本屋を巡り、どんな本が置いてあるか、どんな棚かを見て回ります。

観光ガイド本や地域の歴史棚、地域の出版社が出している少部数の本や自費出版の書籍など、その地域でしか手に入らない本、普段目にしない貴重な本や珍しい本が置いてあることも。新刊コーナーや人文系の棚、文芸・文学コーナーの選書など一通りの棚の様子を見れば、その書店の店主や書店員のイメージが湧いてきます。

新刊書店だけでなく、古本屋を巡るとその面白さはさらに増します。古本屋のラインナップから、地域の人たちの教養や文化度合いの高さに驚くこともよくあります。その地域ならではの風土や文化の一端を感じさせられる場所として、本屋はとても最適です。

もう一つが「銭湯」です。いわゆる「公衆浴場」というあり方そのものは、紀元前のインダス文明時代には大規模な公衆浴場が設備され、映画『テルマエ・ロマエ』のような古代ギリシャ・ローマ時代のものなどは知ってる人も多いでしょう。

日本で銭湯は江戸時代には庶民に広まり、「町ごとに風呂あり」と言われるほどでした。ただ単に流した汗を流す場所だけでなく、古いところでは、銭湯の中や横に長屋があったり、かつて湯女が客をもてなした広間を浴客に開放し、お茶を飲んだりご飯を食べたり、囲碁や将棋を楽しむ社交場として利用されるようになりました。

公衆浴場そのものは、各都道府県の公衆浴場条例で定められており、「日常生活における保健衛生上必要な入浴のために設けられた公衆浴場」とされています。しかし、特に戦後は各家庭に家庭風呂が普及したこともあり、単純なお風呂という機能そのものは衰退していきつつあります。一方、社交の場やコミュニティとしての銭湯という価値はいまだ健全、もしくは、今だからこそそうした価値を認識する流れになってきているように思えます。

減少する銭湯

現在の銭湯の件数は、最盛期の約4分の1以下、4000軒を切るまで減少しています。都内においては、平成17年(2005年)に1025軒あったのが、平成29年(2017年)には562軒にまで減少、令和2年(2020年)にはついに500軒を切ったとされています。

筆者作成(参照:東京都生活文化局消費生活部生活安全課公衆浴場 )
筆者作成(参照:東京都生活文化局消費生活部生活安全課公衆浴場 )

地方を見ると「スーパー銭湯」と呼ばれる食事スペースの充実やアミューズメント施設のような場所が増えていて、家族で長時間過ごすこともできるようになっています。家族で楽しむということにおいては良いですが、あくまでサービスやエンターテインメントとしての場所であり、場所性などのは少し切り離されたような施設かもしれません。

一方、いまだ健在の銭湯は、デザイナーズ銭湯と呼ばれるようなモダンなデザインに仕上げた場所に改装するなど変化が起きつつあります。伝統的な部分を残しつつ、新しいコンセプトを打ち出し、個性的な外観や内観を工夫している点もあり、若い人たちを呼び込みながら、銭湯が持つ社交の場や地域コミュニティの場としての可能性を引き出すために様々な経営努力をしているところもでてきています。

若い銭湯経営者の台頭

京都は、戦前の銭湯が残るエリアとして知られています。そんな京都の五条エリアにある銭湯「サウナの梅湯」を、学生時代に銭湯サークルを作り全国数百ヶ所の銭湯を訪れるほどの銭湯マニアの湊三次郎氏が、以前の経営者時代にアルバイトで入社し、一旦別の会社に就職するも、当時の経営者が梅湯から撤退する話を聞き、「僕がやります」と手を挙げ、2015年5月に「梅湯」の経営者となりました。

kyotot5.jp

若い人たちへのアプローチとして、深夜営業や店内にはカルチャー関連の雑貨の展示・販売など、趣向を凝らした取り組みが人気を博しています。

他にも、各地で若い経営者(親族による承継もあれば、まったくの他人が承継する場合も)が台頭してきつつあります。若い経営者によって、今までにないアプローチで銭湯ファンを獲得しつつあります。

銭湯女子ブーム

スーパー銭湯やスパだけでなく、銭湯好きな女性も増えてきました。仕事帰りや週末のお一人さま銭湯など、近隣にある古くて懐かしい銭湯に足繁く通う人が増えてきています。SNSでは「#銭湯女子」というハッシュタグで銭湯ライフが連日投稿されています。

銭湯側も、女性をターゲットとした取り組みも増えています。例えば、10月10日の「銭湯の日」にあわせて、2017年10月に東京都杉並区高円寺の「小杉湯」で期間限定オープンした「至福のひととき湯」では、りんご、梨、レモン、スダチなどのお風呂に合う果実をミックスした「至福の果実湯」、ラベンダーの香りが広がる「至福のラベンダー湯」、小杉湯の定番ミルク湯に色とりどりのバラをアレンジした「至福のミルク湯」の3種類のお湯を提供したりしています。雑誌でも「銭湯女子」特集をするなど、ホットワードになりつつあります。

asajo.jp

日本で唯一の女性銭湯絵師

銭湯と言えば、湯船の上に裾野を広げる富士山のペンキ絵が目に浮かびます。そうしたペンキ絵を描く職人を「銭湯絵師」と呼びます。かつては数十人いた銭湯絵師も、今は3人しかいません。最長老の丸山清人氏、2016年11月、国が卓越した技能者を認定する「現代の名工」の1人に選出された中島盛夫氏、そして唯一の若手、30代の田中みずき氏です。

田中氏は、現代美術に興味があり、日本の美術史などを専攻するなか、大学時代に初めて銭湯に訪れ、湯船につかりながらぼんやり眺めるペンキ絵の空間の奥行きに魅了され、銭湯絵師を目指すようになりました。2004年に銭湯絵師の中島盛夫氏に入門し、2013年に独立しています。

www.nippon.com

30代、かつ女性の銭湯絵師ということで雑誌やテレビなどでも話題となり、様々な銭湯イベントや展示に引っ張りだこです。先の「至福のひととき湯」や、2016年7月に映画「シン・ゴジラ」公開にあわせて「大田黒湯温泉第二日の出湯」の浴室に、ゴジラと大田区内にある名所のペンキ絵が描かれた「ゴジラ湯」の絵を描いています。

企業とのタイアップコラボも

先の「ゴジラ湯」は、「シン・ゴジラ」のロケが大田区の各地で行われたことから、大田区とシン・ゴジラがタイアップして行ったキャンペーンの一つです。大田区内にある全42軒の銭湯では、ゴジラシリーズ(全28作品)の歴代ポスターの特別展示が行われるなど、銭湯を舞台にしたコラボキャンペーンが行われました。

他にも、2017年に花王が創業130年を記念して自社製品である「花王ホワイト」の1956年復刻デザイン版を発売し、キャンペーンとして製品の販売場所である銭湯をフックにした商品広告の展開しました。また、墨田区横川にある銭湯「大黒湯」が、資生堂のヘアケアブランド〈TSUBAKI〉の誕生10周年記念企画として2016年2月に「TSUBAKI湯(つばきゆ)」を期間限定でオープンし、浴場内の壁のタイルには無数の椿の写真が散りばめられ、入り口の暖簾から脱衣所まで、至るところに椿の写真を配置するなどのキャンペーンを展開しています。

こうした、企業コラボ、企業の広告キャンペーンの場所としても活用され、若い人たちへのアプローチや今までにない表現の場として使われたりしています。

銭湯をリノベして、アートギャラリーやカフェに

銭湯が銭湯として運営されるだけではありません。台東区谷中にある「SCAI THE BATHHOUSE」は、平成3年(1991)に閉業した「柏湯」を改装し、現代美術を展示するギャラリーとして生まれ変わった場所です。「柏湯」は、天明7年(1787)に創業し、現在の姿は戦後の1951年に建て替えられたものではあるものも、約200年の歴史を持つ銭湯です。

惜しくも閉業した柏湯でしたが、俳優の石橋蓮司氏主催の劇団「第七病棟」が『オルゴールの墓』を閉業後の柏湯で上演し、演劇空間としてよみがえらせ、この公演を観た柏湯七代目・松田檀雄氏が「コミュニケーションの場であった銭湯の意味を引き継ぐ文化的な空間にしていきたい」と考え、街づくりグループ「谷中学校」に相談し、ちょうどギャラリースペースを探していた白石コンテンポラリーアートと出会い、平成5年(1993)にSCAI THE BATHHOUSEとして蘇ったという経緯があります。

同ギャラリーの展示は、最先鋭の日本人若手アーティストから、まだ日本では知られていない外国人アーティストを紹介したりとキュレーションとしてもしっかりとしたスペース運営をしています。銭湯をアートスペースとする先駆けとして注目され、開設から20年以上経過した今でも、谷中を訪れる多くの人々を引きつけています。こうした、銭湯という場の持つ文化性を活かしながら利活用した取り組みは全国各地に点在しています。

谷中の近く、台東区下谷にある「快哉湯」は、明治末期に創業し、関東大震災により一度倒壊しましたが、昭和3年(1928年)に再建され、ほぼ当時のままの佇まいで家主によって運営されていました。しかし、2016年11月に惜しまれながら閉湯することに。

kaisaiyu.com

家主から建物の活用について相談を受けていたNPO法人たいとう歴史都市研究会のメンバーらが家主とともに、この建物を保全・活用する方法を考えるなかで、建設会社の株式会社ヤマムラが、新たな事業として快哉湯の建物活用、運営に手を挙げ、まちに親しまれた外観をそのままの形状で残しつつ、内部の空間を改修し、「まちの記憶を繋いでいく」という考えのもと、自社のサテライトオフィスとまちに開かれたカフェラウンジ「レボン快哉湯」としてスタートすることになった。

www.rebon.jp

アートスペースやオフィス、カフェスペースなど機能や用途は様々ですが、銭湯というまちの歴史や文化と寄り添ってきた場所をうまく保全・利活用する取り組みが広がりつつあります。

コモングラウンドな場所としての銭湯

他にも、様々な銭湯活用や新しく銭湯を運営していこうとする取り組みがでてきています。ポイントは、経営難な銭湯に対して、ただただ手をこまねくのではなく、次世代経営者にバトンを渡し若者など新規顧客開拓に向けたリニューアルを試みたり、企業やアーティストなどと積極的にコラボしたりしながら、銭湯における価値を高める試みが増えてきているということです。

銭湯は、人種や年齢、職業を超え、誰もが平等につながれる媒介としての価値があります。銭湯という場所は、多世代交流、多種多様な人たちが集う現代のコミュニティであり、まさに「コモングラウンド」な場所ではないでしょうか。

銭湯は、日本に古くから続く地域の憩いの場であり、コミュニティの発端の場所であります。そして、地域の歴史、文化の生き字引としての価値がある、まさに地域のレガシー(遺産)としての銭湯でもあります。また、閉湯せざるをえない銭湯であっても、これまで培ってきた歴史や記憶をきちんとアーカイブすることで、地域にとって欠かせない存在であった銭湯を見出すことができ、そこから利活用の提案や再建の目処が立つ可能性もあります。

大事なのは、これまでとは違ったネットワークを構築していきながら、旧来的な銭湯のイメージから脱却し、新たな銭湯の価値を作り上げていく、そのための社会環境を作ることが必要です。新たな銭湯の可能性追求していくことは、銭湯の可能性を再発掘し、かつ、地域の新たな価値創造にもつながります。

これからの銭湯とまちのあり方を考える社団法人を設立しました

銭湯単体だけでなく、銭湯とその地域とのつながりを再構築し、「銭湯があるまち」を考え直す。それらを推進するため、この度、一般社団法人「せんとうとまち」という団体を設立しました。

www.sento-to-machi.org

せんとうとまちの代表は、これまで、銭湯や旅館といった文化的な建築物の保全や利活用の提案をして知人の栗生はるか氏や、建築、設計、まちづくりに日々携わる人たちが中心となって立ち上げました。

社団法人設立の発端は、東京・北区にある「稲荷湯」という銭湯が、2019年に国の登録有形文化財に選ばれ、さらに世界中の歴史的建造物や文化遺産の保全に取り組んでいるワールド・モニュメント財団の2020年ウォッチ・リストに選定され、アメリカン・エキスプレスの協力のもとワールド・モニュメント財団からの助成支援をもとに、稲荷湯や銭湯隣の二軒長屋を地域に開かれた場所として改修しつつ、銭湯文化を伝えるスペースに改修するお手伝いを「せんとうとまち」が行っています。

www.1010.or.jp

ちなみに、この稲荷湯は映画『テルマエ・ロマエ』のロケ地になった場所としても知られ、都内でも今では珍しい宮造りの銭湯となっています。

各地を見ると、銭湯が文化財になっている事例はいくつかあります。とはいえ、まだまだ多くはない印象で、銭湯が個人経営としてこれまで生業としてきたが故の承継や相続の難しさなどが挙げられるかもしれません。

そこで、「せんとうとまち」は、稲荷湯だけだけにとどまらず、先にあげたような銭湯への問題意識や銭湯そのものの経営のサポート、利活用の提案、事業承継などの様々な問題と支援する団体として、各地の銭湯経営者や銭湯をサポートしたりまちづくりに携わっている人たちと連携したりしながら、活動を展開していければと考えています。

私見ですが、多くの銭湯は個人経営、家族経営で成り立たっており、経営を維持したり承継したりする際に大きな課題となっています。また、公衆浴場という性質上、値段も一定程度に抑える必要があり、それらが経営改善に大きな課題にもなっています。

そうした際に、先に挙げたように地域コミュニティとしての一つの拠点として位置づけることができるのであれば、その運営主体が、個人ではなく、NPOや地域で設立する協同組合型での組織運営ということも可能なのではないか、と私は思います。

半径数百メートルという商圏において、非日常ではなく日常の中に溶け込みながら、地域と歩みを図っていく「銭湯」という場所の経営組織論からそのマネジメント、マネタイズまで、様々な形を現代のなかで向き合うようなことを、この団体では日々研究、追究し、実践していきたいと思います。

銭湯経営者および地域の銭湯をどうにかしたいと思う人、せんとうとまちの活動にご関心のある方は、ぜひご連絡ください。

***

『コモングッドをもとめて』の感想・コメントは #コモングッドをもとめて のハッシュタグをつけてツイートしてもらえるとうれしいです。

ニュースレターの質問や感想はお問い合わせフォームでも受け付けています。いただいた質問はコラム内でご紹介させていただきます。時事ネタや社会課題、身近な出来事、個人的な質問など、どんな些細なことでもかまいません。お待ちしています。

docs.google.com
孤立と向き合う「ケアするまち」のデザインとは?
健康やメンタルの問題、そこに横たわる「孤立」と「ケア」の関係について考えてみたいと思います。さらに、コモングッドトークシ...
読者限定
ステイクホルダーが価値を見出す「地域通貨」の設計方法とは
地域経済を促進する手段として注目される「地域通貨」。定期的に話題になるものの、なかなか浸透しずらい要因はなにか。成功して...
読者限定
信用組合をはじめとした協同組合組織から、これからの「連帯」の形を考えて...
2020年9月に出版した『実践から学ぶ地方創生と地域金融』を発端に、これからの社会と経済と私たちの関係について深く考える...
読者限定
イギリスが重要課題と掲げる「孤独」問題
日本でも孤独問題担当相についての議論が国会でされました。すでに2018年に孤独問題担当相を設置したイギリスにおいて、コロ...
読者限定
コロナ禍で浮き彫りになる健康とメンタルケアの関係
コロナをきっかけに、ストレスや鬱になる人が増えてきました。健康を考える上で大事なメンタルケアのあり方についてまとめてみま...
読者限定
消費者から愛用者へ
市場は私たちを使い手としてだけを押しつけてきましたが、本当にそれでよいのでしょうか。作り手と使い手との良質な関係にこそ、...
読者限定
#0 ニュースレター開始にあたって
ニュースレターを始めるにあたり、導入としてレターの方向性や考えていることをまとめました。
誰でも